短期間で利用できる!便利な事業資金を得る方法

Posted on

ファクタリングを使った事業資金

ビジネスで他の会社と取引をした場合は、代金をもらえますがある程度時間がかかります。取引では手形をもらう形で契約するので、時期が来ればお金が振り込まれます。経営に余裕があれば振り込まれるまで待てば良く、特に問題が起こる可能性はありません。しかし事業資金が少ない状態だと、振り込まれるまでに時間がかかるのはリスクがあります。
例えば社員に給料を支払う日なのに、手元に資金がなければ不満が出ます。そういう時はファクタリングを使うと、簡単にお金を得られるので困りません。取引で得られた手形を第三者に売って、利益を得る方法で簡単に行なえます。信頼できる会社を使う必要はありますが、ファクタリングは便利な資金調達方法です。

手続きをする時の注意点

取引で得られた手形をファクタリング会社に渡せば、すぐにお金が振り込まれるので便利です。ただデメリットもあるので、よく考えてから使用しなければいけません。問題点としては手数料を取られる点があって、本来もらえるお金よりも減ってしまいます。ファクタリングは手形をすぐに現金化できる分、もらえる金額が減る手続きなので注意が必要です。
他の点でも気をつけたい所があって、それは手形をもらった相手との信頼関係です。ファクタリングは他の会社に手形を売るので、取引をした所との信頼関係が悪化する場合があります。例えば依頼したファクタリング会社が、強引な取り立てをすればトラブルが発生します。この手続は便利な方法ですが、注意すべき点もあります。

ファクタリングは売掛金や約束手形などの債権を売却する行為です。早急に現金が必要な際に便利ですが、額面より安い金額になってしまう他、債務者側に債権の回収権利が譲渡されたことを通知する必要があります。