賃貸不動産を活用して相続対策を行ってみよう!

Posted on

三つの対策を柱にして

相続財産のうち不動産が占める割合が多い場合には相続税評価額の引き下げ、相続税の納税資金の準備、遺産トラブルの防止という三本柱に重点を置いて対策をするといいですよ。これらの対策を効果的に行う方法の一つが、借り入れによる賃貸不動産建設です。相続税は相続財産から相続時の債務をマイナスした純資産に対して課税される仕組みなので、抜本的に相続税を下げるには借り入れを有効に使いましょう。また、相続財産に不動産が多いケースでは、その不動産が現金を生み出す収益不動産であれば納税資金も準備できますし、現金が増えることで遺産トラブル回避にも役立ちますよ。

この対策のメリットとは?

自宅の敷地が広いケースや不採算の土地があるケース、あるいは小規模宅地等の特例の対象とならない宅地がある場合、金融機関から借り入れを行い、賃貸用不動産を建設するといいでしょう。自用地に関しては一般的に時価の80パーセント程度で評価されます。仮にその土地に賃貸用不動産を建設して、貸付を行うと自用地評価額に借地権割合と借家権割合を乗じたものに相当する額が相続税の評価上減額されることになりますよ。一方で、建物の建築代金に関しては、金融機関からの借り入れによって準備するので、相続税の計算上、借入残高が債務として控除されるでしょう。加えて、居住用宅地が30平方メートルに満たない場合にも、賃貸用宅地として小規模宅地等の特例の適用を受けられるようになるので、減額分だけさらに相続税の課税価格が減少することになりますよ。

相続税の税理士を神奈川の人は活用すべきです。神奈川は土地や家の相続税も高いため、税金対策には税理士に相談するのが一番です。