心理学を学習したい人は必見!心理学を勉強する上でのポイント

Posted on

心理学は様々な学科で学ぶことができます

心理学に関しては心理学科に加えて教育学科や人間福祉学科さらに社会福祉学科などで学習できますが大学以外では幼児教育や保育関係の発達心理学であれば短大でも学習する事が可能です。社会人となった後であっても通信教育を活用することによって会得する事も出来、隙間時間を利用して実習しレポート提出をしながらサマーホリデーの期間などにおいて講座を受ける為に一年に数回登校することになります。自分自身の勉強したい分野以外でも、教えを請いたい教授がいたならどういった学科でどういうふうに学ぶことができるかあらかじめリサーチしておくと良いでしょう。

心理カウンセラーになるための要件

心理カウンセラーと簡単に言いましても教育、医療、産業分野など色々なフィールドがあります。ですので、自身の目指すべきフィールドで準備しておかなければいけない資格を確保しましょう。資格といってもすぐに就職に関わる訳ではないので、技能アップ向けや学習した証明かどうか確認する事も肝要になってきます。現実に仕事に就いた経験を問われる資格もありますので、自分自身が希望する資格の必要な条件をきちんと理解しておく事も重要になります。それに加えて大学、あるいは短大で指定学科の単位を取っているかも問われますので注意します。また、心理カウンセラーは素質が要ります。相手方に共感することができ、専門的な知識や自身を冷静になって分析することができるなどの素養が必要です。抜け落ちていると感じている部分をほかの部分でフォローするつもりでカウンセラーを目指すと良いでしょう。

心理学の大学入学では、高卒のみならず社会人経験者でも入ることができ、オンラインを利用し学ぶことができます。