時効の援用を行うことでどういった効果が期待できる?

Posted on

借金の返済義務と貸金業者からの督促がなくなる

借金に対して時効の援用を行うと、どのような効果が期待できるのでしょうか。まず、銀行や消費者金融などから借りたお金の時効は、基本的に最後の取引から5年ということになっています。もし、なんらかの事情でカードローンやクレジットカードの返済が5年前からできなくなり、以降、貸金業者から督促のはがきは届いても、なんのリアクションもせずにそのままでいると時効が成立する可能性が高いです。貸金業者には時効を阻止するために裁判を起こす権利がありますが、経営判断などによりあえて訴訟という手段をとらないこともあるのです。もし、時効の援用がうまくいった場合ですが、まず借金の返済義務がなくなります。それによって業者からの督促もなくなります。借金を放置しつつ、業者からの督促が心理的な負担になっていた人にとっては大きな状況改善といえるでしょう。

信用情報がクリアされローン審査に通る可能性も

信用情報期間のデータベースに掲載されていた債務未払いに関する情報も、削除される可能性が高いです。そうなれば、今までクレジットカードを作ることができなかった人でも持てる可能性が出てきます。ただ、情報が削除されるためには貸金業者がデータを更新する必要があるので、時効援用後もまったくローン審査に通らないようでしたら、一度、自分の信用情報を請求して確認した方がいいでしょう。もし、未払いデータがそのままになっていた場合は、弁護士などを通じて信用情報データの更新を貸金業者に依頼すべきです。

時効援用は、借金をしてしまった人の救済措置の一つです。弁護士や司法書士などの専門家に相談することでスムーズに進みます。