トレーシングペーパーを使って学ぶ方法…アレンジもやってみよう

Posted on

世界でひとつだけの絵

絵が上手に描けるというのは憧れにもなります。あんな風に絵が描けたらどんなに楽しいだろうと思う人も多いはずです。絵を描くのが苦手という人が、自分の描いた絵は上手くないと思い込んでしまい、やる気を失くすことが多いようです。構図などのバランスで素晴らしい評価を受けているイラストも多々ありますが、その人の絵は本人にしか描けません。構図も絵も下手なイラストであったとしても、世界でたった一枚の絵だと思うと愛おしく感じるずです。

上手くなるための練習

イラストをものにするには、何と言ってもやはり練習が不可欠です。できるだけ短期間で上手くなるにはどうしたらいいでしょうか。気に入ったイラストを真似して描くとか、実物を見ながらデフォルメするとか、描き方はいろいろありますが、描きたいと思う絵や写真などの上に、トレーシングペーパーをのせて丸写しをするとかなり勉強になります。自分の実力では描くことのできない絵を写すことで、短期間でペンや筆の使い方を自然に覚えることができます。ただやりすぎると作者の癖もついてしまいますから、オリジナリティーも活かせるように時々アレンジも必要になります。

自由に色を塗ってみよう

トレーシングペーパーをのせてなぞるのは、なかなか楽しいものです。写したイラストに色付けするのもまた楽しい作業です。見本の柄と同じ色にするなら色のバランスが学べるし、全く別の色で塗って自分のセンスを磨くのもいいでしょう。ぬりえが好きな人は、色塗りだけでなく、描くことも出来るようになると、イラストの楽しみが何倍にもなるかもしれません。

イラストの講座はデザインをするためのコツをつかめ、スキルアップをするなど目的に合わせてカリキュラムを選べることが特徴です。